Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Bet5k
Win 200% + Jackpot $20,500
Bid your banner here

    articles

電子決済システムの安全保障

 

電子決済システムは、安全性がどんなに高くても、システム内部への不正アクセスを完全に防ぐことが不可能です。不正アクセスの原因は、口座の持ち主の不注意というものが大半です。電子決済システムは、ユーザーの安全を守るために、以下の対策を作成しました。その内容は、電子決済システムのユーザーになる際には欠かせないものとなります。


1. 電子決済システムの口座にアクセスする時は、「パスワードを保存する」というウィンドウズのオプションを一切使わないようにして下さい。その逆の場合は、詐欺たちがあなたの登録情報を簡単に盗み、「電子財布」の中身を奪い取ることは充分ありえます。


2. 口座などの情報をあなたしか使えない個人用のフロッピおよび暗号化したCDにおとすようにして下さい。


3. 未知のユーザから届けられるメールを開かないで下さい。このようなメールは、あなたのパスワードなどを盗みやすくするウイルスや「トロイの木馬」が入っている可能性が高いです。


4. 未知のユーザから届けられるリンクを一切使わないようにして下さい。未知のウェブページに入った場合は、個人情報の入力・登録はしないようにして下さい。このようなウェブページの内、ユーザーのパソコンにスパイソフトウェアをインストールする目的で作成されたものが圧倒的に多いです。


5. パソコンにアンチウイルス・ソフトおよびファイアウォールをインストールしましょう。これらのソフトは、あなたのパソコンをウイルスの攻撃から守ってくれます。アンチウイルス・ソフトは、パソコンに危険なプログラムが入るのを防ぐものです。ファイアウォールは、ハッカーの攻撃に対抗する防御機能があります。


6. あなたが使っている電子決済システムの管理業務者からのメールを無視して下さい。このようなメールの差出人が、多くの場合攻撃者なのです。彼らの狙いは、システム内部に問題が発生していると口座のユーザーに思わせ、ユーザーの登録情報やパスワードなどを擬似メールアドレスに送らせることにあります。システムの管理業務者からメールが届いた場合は、そのメールが本物かどうかをシステムの管理業務の関係者にメールで確認して下さい。メールを送る際に、公式メールアドレスを使うようにして下さい。このようなメールに対して、「ユーザーにパスワードを公開させるようなメールを一度も出したことがない。そのメールはおそらく詐欺だろう」という内容の返事が返ってくるのが普通です。


7. 他のユーザーの「電子財布」を盗むソフト、または口座の金額を増やすソフトをダウンロードしないで下さい。このようなソフトは、攻撃者がユーザーの貯金を奪い取る目的で作成したものです。電子決済システムはユーザーの安全保障が非常に重視しているので、素人のプログラマーが作ったソフトでシステムに侵入することは全く不可能です。攻撃者は、目的のシステムへ攻撃するための手段として、他人のお金で稼ぎたかっているユーザーを利用しています。攻撃者は、そのユーザーのパスワードなどを盗み、システムに侵入することが少なくありません。


8. 口座不正アクセスの対策として週に一回ログインの変更を行って下さい。また、口座などの情報が他人に取得されないための対策を考えて下さい。たとえば、アクセスパスワードをパスワードをどこにも書かず、頭に記憶すること、パスワードに生年月日や自宅電話番号、人の名前を使わなず、攻撃者に読み出されないように文字と数字を混ぜて使うことなどなどがあります。


その収益がどうやって発生するのか。HYIPの参加者は、それだけの大きなお金がプロジエクト主催者にどこから入ってくるのか、ということが気になります。プロジエクトの収益は、何もないところに発生したものではなく、経験豊かなHYIPの運営者およびHYIP専門家の効果的な活動によって発生するものです。 高利回り収益プロジェクトの主な収益源は以下の通りです。


上の対策を守ることは、電子決済システムのユーザーになっていく上で欠かせないことです。



Download PDF
(Japanese)