Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Bet5k
Win 200% + Jackpot $20,500
Bid your banner here

    articles

HYIP投資

 

 

リスク

 

個人投資者の場合は、投資を行うことはリスクを伴う可能性が極めて高いです。 高額収益の獲得を目的とした投資は、危険性はいつもあります。個人投資者の場合は、 自分の持っている少額の資金を銀行に預けても利子が少ないです。このような状況の中 、自分の資金を最大限に活用させるチャンスを個人投資者に与えてくれるのが、高利回 り投資プロジェクトです。


しかし、高利回り投資プロジェクトは、リスクを伴う可能性があることを忘れてはな りません。プロジェクトの参加者になる前に、これに対して、本物かどうかを徹底的に 確認しておく必要があります。投資自体は、高利回り投資プロジェクトについての知識 をある程度身に付けてから行うようにし下さい。


プロジェクトの参加者になろうとする方が注意すべきなのは、信頼できるプロジェク トでも、失敗に終わってしまうこともあり得るということです。その原因は、プロジェ クトの開発がその主催者の性でうまく進まないこと、プロジェクトの主催者が投資者の 資金を全部通貨市場での取引に投じたが、失敗してしまったことなどにあります。


高利回り投資プロジェクトに参加していく上でのリスクを防ぐためのポイントを以下 に紹介します。


高利回り投資プロジェクトは、永遠に続くものではなく、いつか終了されるものです 。ピラミッド・プロジェクト(詐欺投資プロジェクト)は、いつの間にか崩れ、投資者 の資金が全部その下に埋められてしまう可能性は非常に高いです。それに対して、本物 のHYIPは、投資者へのお支払いが完了した上で終了します。本物のプロジェクトは、も ともと長期間プロジェクトとして開発されるものです。しかし、経済的状況などによっ てその終了時期が変わったりすることもあります。


高利回り収益プロジェクトの事業は基本的には4つの段階から成ります。 1 投資回収期間 2 成長期 3 集中期間 4 降下期


この4つの段階を詳細に見てみましょう。


1 投資回収期間とは、プロジェクトが誕生する時期を言います。この時期では、HYI Pの主催者はプロジェクトに何等かの資金を投資します。プロジェクトの事業を進 めていくためには次のことが必要となります。それは、外見と内容のバランスが 良くとれているウェブサイトの開発、有料のプロジェクト評価システムへの登録 、宣伝の作成です。それらの事業は、もちろん費用がかかります。①は利益がま だ出ていない段階なので、収入よりも支出のほうが多いです。この段階では、プ ロジェクトの信頼性を判断することがなかなか難しいですが、全く不可能という わけではありません。たとえば、プロジェクトのウェブサイトの利用が無料であ る場合、または、その内容が他のサイトから引き取ってきた情報を適当に混ぜ合 わせたように見える場合は、詐欺の可能性が高いです。このようなサイトのほと んどは、人のお金を取れるだけ取り、夜逃げをすることを目的に作成されたもの です。


2 成長期は、プロジェクトが展開していく時期です。この時期では、投資者の内、 紹介料の獲得を前提として他人にプロジェクトを紹介する人が増えていきます。 プロジェクトが自給自足を維持できる段階に入り、実際利益を出すようになって きます。この時期では、プロジェクト成功するかどうかは、その主催者がどれだ けの参加者を得られるかにかかっています。プロジェクトが本物であることの証 拠の一つは、新しいプロジェクト参加者の口座に何等かの金額をプレゼントする キャンペーンなどが開催されていることです。


3 集中期間は、HYIPの事業がもっとも安定している時期です。この時期は、投資が 安定成長の段階に入る時期であり、定められた利子が定期的に支払われ、収益が 最大となってくる時期でもあります。


4 降下期は、プロジェクトの進行が続くか閉鎖されるか、プロジェクトの「運命」 が決められる時期です。プロジェクトの参加者がプロジェクトに関心を失い、投 資しなくなる状況になると、プロジェクトは閉鎖されます。偽りのプロジェクト は、降下期に入って数日後に、その参加者に支払いをせずに終了します。それと 違って、本物のプロジェクトの場合は、その主催者がプロジェクトの命を救おう と最大限の努力をします。


降下期HYIPの実態を分析すれば、その将来に対する見通しができます。危機を克服 し、投資の活動を効果的に進めているプロジェクトは本物に違いません。プロジェク トが降下期に入ろうとしているということは、その宣伝活動の実態から分かります。 プロジェクトに対する参加者の関心が薄れてくると、そのプロジェクトの宣伝活動が 活発になります。その内容は、参加者にメッセージを送信すること、新しいカタログ に登録すること、フォーラムやゲストブックなどにメッセージを掲載することです。


プロジェクトの宣伝活動が、降下期を避けるための対策の一つです。プロジェクトが 危機の時期を乗り越えることができたということは、将来性が期待できるということを 意味します。開始されたばかりのプロジェクトの場合は、そのプロジェクトについて徹 底的に調査してから投資を行うほうが安全です。



Download PDF
(Japanese)