Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Monitored by BIDHYIP.COM
Bet5k
Win 200% + Jackpot $20,500
Bid your banner here

    articles

HYIP投資

 

 

HYIP: 評価

 

あるプロジェクトに投資する前に、次のことを詳細に分析する必要があります。


• 通常支払われる金額


• 投資額の限定


• 投資活動の内容


• プロジェクト主催者に対する信頼性


• ウェブサイトの外見と内容


• ドメインチェック


• プロジェクトの連絡先に関する情報


• そのプロジェクトに対するフォーラムの中の講評


• そのプロジェクトに対するレイティングサイトの評価


• そのプロジェクトに関する第三者機関の評価


以下の点を詳細に見てみましょう。


プロジェクト主催者の約束にとらわれないことは、投資プロジェクトに参加していく上で重要点となります。投資額からの収益が毎日二倍増えていくことを約束するプロジェクトは、詐欺に違いません。本物のHYIPの場合は、投資者に支払われる一日分の平均利率が3-4%となっています。しかし、日によって利率が変更する場合もあります。一日分の利率が7-10%を上回っているプロジェクトが、間違いなく詐欺です。先にも言いましたように、このようなプロジェクトに参加することは、危険性が高いです。本物のHYIPでも、利率が毎日ごとに支払われるプロジェクトがあります。その利率が収益額の変動により変更となる場合があります。このようなプロジェクトのほとんどは、投資活動を効率的かつ効果的に行うことを目的に事業を進めています。


調査の結果によりますと、本物の高利回り収益プロジェクトの場合は、投資者に月ごとに支払われる利率が10-50%.となっています。投資活動の内容によってそれが変更する場合があります。


投資額は、最小投資額と最大投資額によって限定されます。普段は、投資額が限定されていないプロジェクトに対して、皆さんは、経済力の異なる人が参加できる開放性の高いプロジェクトであると考え勝ちです。しかし、実際は、本格的なプロジェクトは原則として投資額の範囲を定めることにしています。逆の場合は、プロジェクトが詐欺である可能性が充分あります。


調査の結果によれば、本格的なプロジェクトの場合は、最小投資額が25$となっており、最大投資額も限定されています。


HYIPのほとんどは、収益がどうやって発生するのかについての情報を提供しています。それについては、以上に細かく書きましたので、省略することにします。ただことで一つ言っておくべきことがあります。それは、外貨取引と関連した活動をウェブサイトに紹介しているプロジェクトが、Ponziの可能性が高いということです。本格的なプロジェクトの主催者は、詐欺の攻撃を避けるために、その活動についての情報をなるべく公開しないことにしています。Ponziは、短期で「終了」するなので、活動を進めていくための本格的な対策を持っていません。詐欺の場合は、投資活動に関する具体的な説明がなされていません。それと違って、本物のプロジェクトの主催者は、投資方法などについての詳細な情報を投資者に提供しています。しかしなから、このような情報が紹介される際に、企業およびトレーダーの名前、または投資額に関する情報が公開されません。


Ponziの内、市場変動および投資の情報を投資者に提供し、投資活動を本物に見せかけるものがあります。このようなプロジェクトを本物と見分けることが難しいので、さらに注意が必要です。


プロジェクト主催者がフォーラムなどに掲載するメッセージを慎重に分析することが大事です。プロジェクト主催者がフォーラムでどのぐらいの時間を過ごすかという点も重要です。普段は、プロジェクト主催者は、仕事が忙しいので、仕事以外のことをする時間がほとんどありません。一日中フォーラムに参加しているプロジェクト主催者が詐欺である可能性が充分あります。


プロジェクトのウェブサイトの外見と内容から、その主催者について色々なことが見えてきます。プライヴィット・ドメイン、機能的なサイト、効果的フィードバックの提供の有無だけでプロルガムの信頼性を正確に判断できるというわけではありません。しかし、プロジェクトの主催者がプロジェクトの開発のために、それだけの資金を投資したということは、このプロジェクトが本物の可能性が十分あるということです。詐欺プロジェクトを見分けるポイントとしては、サイトのデザインがプロフェッショナルに見えないこと、サイトの内容が本格的なサイトから盗まれたものでること、サイトの利用が無料であることを取り上げることができます。詐欺プロジェクトの主催者にとっては、本格的なサイトの開発などがお金の無駄使いです。先にも言いましたが、投資プロジェクトに入るか否かは、それに対して徹底的に調べた上で決めるほうが安全です。


プロジェクトはドメイン名が付いている場合は、そのドメイン名を「whois」サービス(http://www.nic.com/) で確認して下さい。「who is」サービスは、そのプロジェクトの名前、登録、連絡先、またはそのプロジェクトを登録した人の名字に関する情報を提供してくれます。しかし、「whois」で提供される情報の全てが正確であるとは限りません。多くのドメインが匿名で登録されることになっているので、詐欺は偽りの情報で登録している場合は少なくありません。そのため、「whois」で提供された情報を詳細に分析し、プロジェクトの主催者についての情報と比較することが必要となります。


フィードバック提供のレベルが高いほど、プロジェクトの信頼性が高いです。プロジェクトの主催者がプロジェクトに対してその参加者と意見交換を積極的に行っているということは、主催者たちがプロジェクトの発展を目指して、できるだけ多くの投資者の関心を引き付けようとしているということです。ただし、参加者との意見交換の際に、HYIPの主催者は、自分の名前を公開しません。


HYIP関連のフォーラムの内容を慎重に検討して下さい。経験と知識が豊富な投資者やHYIPの専門家がこのようなフォーラムによく参加するので、初心者の投資者は、色々と質問をすると良いでしょう。専門家および投資の経験が豊かな人は、HYIPの短所や長所などを教えてくれます。フォーラムに参加することでHYIPについての新しいかつ客観的な情報を得ることができるので、投資者の皆さんも積極的に参加して行って下さい。


プロジェクトに対するレイティングサイトの評価を検討することによって、このプロジェクトがその投資者に利子を支払っているか否かということ、さらに、そのプロジェクトがどのぐらい存在しているかについて知ることができます。しかし、レイティングサイトが提供する情報は、フォーラムからの情報ほど正確ではありません。それは、プロジェクトの現状(利子の支払い)がうまくいっていることが明日もうまくいくとは限らないからです。


HYIPプロジェクトについては、第三者機関の評価を通じて知ることができます。最近、HYIPの主催者は、プロジェクトの拡大を目的にその宣伝活動を精力的に広めています。第三者機関による検査に当たって、プロジェクトの主催者が、プロジェクトに関する資料とともに連絡先(住所と電話番号)を正確に提供しなければなりません。しかし、プロジェクトの主催者が偽りの住所(たとえば、スーパーマーケット、または駐車場の住所)を提供し、検査を通ることができたというケースが少なくありません。それは、第三者機関の検査が、住所の確認にとどまっており、プロジェクトの事業内容までは進んでいないという原因によります。


以上に紹介した点は、あるプロジェクトを検討していく上で重要なポイントとなります。しかし、それらを使うことでプロジェクトの安全性および信頼性を確実に確認することができるとは限りません。


プロジェクトがどのぐらい存在しているかを計算するための公式を紹介しましょう。


(SD + SH + KR) * (NO + NF + WD + GAR) * (NKI + SKW + SKR) *365 / ((KI / SV) * (KO + RT + 1) * (KS + STR)*100000)


SD – デザインの平均価格
SH – ホスティング・サービス料
KR – 広告費用
NKI – 連絡先情報の有無
SKW – 主催者が提供した連絡先情報が「whois」サービスに掲載されている連絡先情報と同じか否かを判定すること
SKR – 主催者が提供した住所が存在しているか否かを確認すること
NF – フォーラムの有無およびその開発
KO – ウェブサイト内容の誤りの数
RT – ウェブサイトに掲載されている情報の内容の不統一
KI – 最初の一週間以内に参加者の人数がどのぐらい増えたかということです。
SV – 投資額
WD – プロジェクト収益源となっている事業についての情報、プロジェクトの主催者が提供しているプロジェクトについての情報に対する投資者自身の評価
GAR – 保証の有無
KS – プロジェクト主催者およびプロジェクト管理者の人数
STR – プロジェクトの所属
NO – 事務所の有無


この公式は以前から広く使われています。多くの場合(約86%)に正確な計算の結果が出されました。しかし、なんらかの理由で連絡先に関する情報を提供しない本格的なプロジェクトの場合は、計算には誤りが起こる可能性があります。



Download PDF
(Japanese)